小学生のころゲームばかりをしていて、目を悪くしてしまいました。当時はコンタクトレンズは高価で一般的ではなかったので眼鏡をかけていました。視力を回復させようと目のマッサージやトレーニングなどいろいろ試してみましたが、ゲーム好きが治らなかったせいか、あまり効果はありませんでした。
大学に入学して、眼鏡が邪魔に感じるようになりました。そこでコンタクトレンズを試してみることにしました。このころにはかなり普及していて、アルバイトで稼いだお金でも十分購入できるようになっていました。初めてレンズを入れるときはやはり勇気がいりました。しかしレンズを入れたときのクリアな視界は今でも忘れられない衝撃でした。眼鏡の枠で狭まっていたように感じていた視界が一気に広がったような感覚でした。裸眼と変わらないような感覚なのですっかり眼鏡からコンタクトレンズに乗り換えてしまいました。今考えると、コンタクトレンズはいろいろと手入れが必要だったり、うっかり落とすと探すのが大変だったりと手間がかかり、眼鏡の方がかけるだけなので楽だったのですが、初めての時の衝撃がものすごくて眼鏡には戻れませんでした。
最近になってまた視力回復のトレーニングを始めました。仕事ではパソコンの前にずっといるので、目に疲れを感じるようになったからです。トレーニングをしないと視力がさらに悪化すると感じたので、ちょっとだけトレーニングをしています。相変わらず視力の回復は見られませんが、パソコンの前にいるのがちょっと楽になった気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です