私は、高校生くらいの頃から夜にスマホを長時間いじる事が習慣化していました。昼間はアルバイトや授業を受けているので、どうしても仲の良い友人と連絡する余裕がないのです。うっかり既読スルーをして陰口を言われたくないから、夜にスマホをチェックして返信するようにしていたのです。また、スマホには面白いゲームアプリもあるので、寝る前に少しと思いながらも、ついつい長時間やってしまう事も多々ありました。
そんな生活を大学生になっても続けていたある日、以前よりも黒板の文字が見えにくくなっている事に気づきました。そして、良く考えると、以前と比べて、目が疲れやすく、ドライアイになりやすいことにも気づきました。これは大変だと、急いで近所に眼科クリニックに診てもらうことにしました。
早速視力検査を行ったのですが、以前は両目とも1.5だったのに0.7にまで視力が落ちていたのです。自分はとても視力がいいと自負していたので、すごくショックでした。先生が言うには、スマホを夜にいじることは視力に多大な影響を与えるとのことです。というのも、周りが真っ暗なのに画面だけが明るいために、そのコントラストが激しくて目のピントを合わせるのが大変だからとのことです。
目の事を考えて、夜にスマホを長時間使わないこと、ブルーライトも悪影響なので光量を減らすように調整することを薦められました。心を鬼にして先生の忠告を守った所、だんだんと目の疲れがいえていきました。また、夜にスマホをあまり使わなくなったことで、ぐっすり眠れるようになりました。今後も、自分の目のために気をつけて生活したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です